イベント・お知らせ

東京・沼津方面から行く秋の伊豆ドライブ旅 ~紅葉と富士が織りなす絶景を巡る旅~



周辺に紅葉スポットや美術館など魅力的な観光地が満載の伊東エリア。ドライブでとびきり素敵な秋の東伊豆観光の旅はいかがでしょうか。

今回は東京・沼津方面から行く秋のおすすめドライブコースのご紹介です。


※新型コロナウイルスの影響で、一時的に施設の営業日や営業時間が変更になっている場合がございます。
 おでかけ前に最新の公式情報を、必ずご確認ください。

プラン検索はこちら

◆ 今回ご紹介するコース ◆


  9:00 ~ 10:00  富士を望む日本最長大吊橋から見る紅葉「三島スカイウォーク」

三島スカイウォークは日本一長い歩行者専用の吊り橋で、地上70.6mの高さから、季節ごとに表情を変える雄大な富士山や駿河湾の景色を満喫することができます。

紅葉の季節は赤く色づく美しい紅葉を楽しむことができます。

所在地◆

静岡県三島市笹原新田313

営業時間◆

9:00~17:00

定休日◆

無休

料金◆

・大人1100円 ・中学生500円 ・小学生200円

駐車場◆  

400台(無料)

―おすすめグルメ情報「星を散りばめたソフトクリーム」―

併設されているスカイガーデンでは、お土産を販売している他、イートンスペースなどもあり、ちょっと立ち寄り休憩にもぴったり。

中でもおすすめは、星形のあられが可愛らしい「星をちりばめたソフトクリーム」。富士山麓の生乳を使用したソフトクリームは濃厚な味わいで、夜の星空のようなソフトクリームはインスタ映えも抜群です。

  10:25 ~ 11:20  絶好のドライブコース「伊豆スカイライン」

伊豆スカイラインは伊豆半島の東部に位置している約40Kmにもおよぶドライブコースです。

途中に富士山や相模湾・駿河湾を眺めることのできる展望第や、パーキングエリアも充実しており、晴れた日は爽快な気分でドライブできること間違いなしです。

 

―おすすめグルメ情報「峠の茶屋」―

伊豆スカイライン熱海峠から南下した道沿いにある、田舎の風情を思わせる古い木造の家屋が味わい深い古民家風ドライブインです。

ここでは、とろろめしや田舎こんにゃくなどを食べることができます。

このまったりとした雰囲気と、お味で密かな人気があるんだとか。

 11:30 ~ 12:00  秋にしか咲かない桜を楽しむ乙な時間「大室山 さくらの里」

大室山のふもとにあるさくらの里では、通年を通じて様々な桜を見ることができます。

秋の時期だと、十月桜や冬桜が可憐な花を咲かせます。

春の桜とは違う、秋のお花見をお楽しみください。
またこの時期は、大室山の山全体を覆いつくすススキも見どころ。

◆所在地◆
 静岡県伊東市富戸1317-4(当館からは車で約20分)
◆アクセス◆
 【電車】伊東駅または伊豆高原駅から、東海バス「伊豆シャボテン公園」下車徒歩約10分
◆問合せ◆
 伊東市観光協会(TEL:0557-37-6105)
◆入場料◆
 無料
◆駐車場◆
 あり(無料)

 

 13:15 ~ 13:45  可愛いぬいぐるみにときめく「ティディベア博物館」

ギネスブックにも載っている“テディガール”をはじめ、テディベアの歴史を語るアンティークベアや、世界のテディベア作家たちの作品であるアーティストベアなど、常時1,000体以上のティディベア達が出迎えてくれます。

◆所在地◆
 静岡県伊東市八幡野1064-2(当館からは車で約30分)
◆問合せ◆
 TEL:0557-54-5001
◆営業時間◆
 9:30~17:00(最終入館16:30)
◆休館日◆
 2・3・6・12月第2火曜日(休館日が祝日にあたる時は開館)
 6月は第2火曜、水曜日が連休となります。年末年始、GWは開館
◆入館料◆
 ・大人…1,500円・中高生…1,000円

 ・小学生…800円・小学生…未満無料/シルバー(70歳以上)…無料
◆駐車場◆
 150台(無料)

 14:00 ~ 14:30  五感を使って楽しむ「伊豆高原ステンドグラス美術館」

東伊豆の海を一望できる絶好のロケーションに建ち、中世貴族の館を思わせるような美しく神秘的な建物です。
幾つも別れた小部屋に幻想的なステンドグラスが飾られている迷路のような館内は、アンティークパイプオルガンやオルゴールの音色、アロマの香りみちあふれる癒しの空間です。光・香・美・音・風 五感すべてで楽しめる美術館です。

◆所在地◆
 静岡県伊東市川奈1439-1
◆アクセス◆
 伊東線で伊東駅又は川奈駅下車~タクシーで約15分
◆営業時間◆
 10:00~16:30
◆休館日◆
 毎週火曜・水曜日 年末年始・GW・お盆・祝日を除く ※臨時休館有


 14:45 ~ 15:10  湖面に映る紅葉の赤が鮮やかな「一碧湖」

「一碧湖」はひょうたん型の美しい湖で、空に浮かぶ白い雲などがくっきりと映し出されるその様から「伊豆の瞳」とも呼ばれています。

オールシーズンお勧めしたい観光スポットの一つですが、特に紅葉のシーズンになると、鮮やかに染まった樹木が美しい湖を彩り、その湖面に映る赤色と映えて人々を魅了します。

◆所在地◆
 静岡県伊東市吉田815-360
◆アクセス◆
 【電車】JR伊東駅より伊豆シャボテン公園行きバス乗車、一碧湖下車
◆問合せ◆
 伊東市観光協会(TEL:0557-37-6105)
◆駐車場◆
 あり

 15:30 ~  ホテル到着。チェックイン後の過ごし方「松川遊歩道」「伊東駅」

チェックイン後は夕食までの間、お部屋でゆっくり過ごすも良し。ゆっくりお風呂に浸かるも良しですが、少し余力があれば、ホテルの横を流れる松川沿いや伊東駅まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

ー松川遊歩道ー

松川遊歩道の川沿いにはシャレたデザインの街灯が立ち並び、秋には紅葉とライトアップされた幻想的な美しい景色を楽しめます。

 

所在地:静岡県伊東市 松川沿い

TEL:0557-37-6105

 

★注目イベント「伊東温泉竹あかり~イルミネーション~」★

竹で作られたランタンを点灯させる、温泉情緒ある伊東らしさを感じさせる和のイルミネーション。浪漫-roman-エリア(「東海館」のイルミネーション・大川橋~いでゆ橋)、幽光-yukoh-エリア(いでゆ橋~通学橋)、神秘-sinpi-エリア(通学橋~音無神社)など、3つのエリアで点灯されます。

ー湯の花通り商店街ー

干物屋さんをはじめ、銘菓や製茶店、酒屋にそば屋、海鮮食事処などたくさんの店が軒を連ねているので、帰りにお土産を購入したり食事を楽しむのにもぴったり。

 

湯の花通りにいる石像の「七福神」をめぐり、お湯をかけると願いが叶うという噂も。

 

お湯かけ七福神巡りも楽しみながら、温泉情緒漂う街をのんびり散策してみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は、記事公開時点の内容となります。

※現在の状況と異なる場合がございますので、

※最新の情報はおでかけ前に公式サイトやお問い合わせ窓口でお確かめください。

外観
チェックインは15:00~承っております
お部屋一例
ゆっくりとおくつろぎください
露天風呂
美肌効果もある天然温泉を心ゆくまでお楽しみください
夕食(一例)
伊東名物金目鯛をはじめ、趣向を凝らしたお料理をご提供いたします

プラン検索はこちら